​AKIHIRO NISHINO HOMAGE ART WORK
 
『えんとつ町のプペル』
煙突だらけの『えんとつ町』では、そこかしこから煙が上がり、頭の上はモックモク。 黒い煙でモックモク。 黒い煙に覆われた『えんとつ町』の住人は、 青い空を知りやしない。 輝く星を知りやしない。 そんな町に生きる親を亡くした少年ルビッチのもとにハロウィンの夜に現れたゴミ人間プペルのもとに起こる奇跡の物語…
51J6cQ63OJL._SR600,315_SCLZZZZZZZ_.png.j
000.jpg
000.jpg
001.jpg
004.jpg
002.jpg
000.jpg
絵本作家 / 漫才師 / エンタメクリエイター
西野  亮廣
AKIHIRO  NISHINO

1999年、梶原雄太とお笑い漫才コンビ「キングコング」を結成。

自身が脚本/監督となり完全分業制で制作し絵本『えんとつ町のプペル』は、2019年時点で売上40万部を突破。お金と広告にまつわる著書『革命のファンファーレ』は、2018年書店ビジネス部門売上第一位を獲得。

日本最大のオンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』の運営を中心に。講師、舞台脚本、作曲なども手け、個展『チックタック~約束の時計台~ 光る絵本と光る満願寺展』では、動員数が連日2000人を超え。

フランス・パリで行われた「にしのあきひろ光る絵本展 in エッフェル塔」では、2日間で、6000人を超える観動員。日本のみならず海外でも成功を収めている。

2020年1月に西野亮廣書き下ろし脚本で『えんとつ町のプペル』が舞台化、同年12月には、『映画 えんとつ町プペル』の公開も予定されている。